本文へ移動

基金の概要

彩企業年金基金について

 当基金は、「埼玉機械工業厚生年金基金(平成29年3月30日解散)」の後継制度として、平成29年4月1日に設立いたしました。設立時の名称は「埼玉機械工業企業年金基金」でしたが、業種や地域にこだわりなく、安定した企業年金を目指すために、平成29年5月30日付けで現在の「彩企業年金基金」へ名称変更しております。
 彩企業年金基金では退職金制度に類似した「確定給付企業年金(DB)」と「確定拠出年金(DC)」の2つの制度を併せ持ち、事業所さまのニーズに応じて、DB・DCの組み合わせが可能である「ハイブリッド」な企業年金となっており、より持続性の高い、リスクを抑えた制度となっております。
(2018年3月末現在)
 基金名称  彩企業年金基金
 設立年月日  2017年4月1日
 制度設計  確定給付企業年金(DB)と確定拠出年金(DC)の2制度
 実施事業所数 DB制度  69事業所
DC制度
 57事業所(うちDCマッチング拠出制度実施事業所 30事業所)
 加入者数 DB制度  7,191人
DC制度  1,300人(うちDCマッチング拠出制度実施加入者 515人)
 総幹事会社  三井住友信託銀行
 
 

彩企業年金基金の給付設計

 当基金の年金制度の給付設計は、事業所により次の2つのパターンがあります。
 (各事業所のパターンは事業所ご担当者さまにご確認ください。)
彩企業年金基金の給付設計

彩企業年金基金の給付モデル

 当基金の給付モデルは、35年加入・標準報酬月額33万円の前提で、一時金にして約292万円、年金月額19,000円(15年有期年金)で設計しております。
彩企業年金基金の給付モデル(1)
彩企業年金基金の給付モデル(2)
TOPへ戻る